ホーム マイアカウント お問い合わせ

ティーバッグで紅茶をいれる時に気をつけたい3つのポイント

 

紅茶の風味を存分に味わうためには、いくつか【守ると得をするポイント】があります。
もし「ティーバッグの紅茶がいまいちおいしくないなあ」という方がいたら、チェックしてみてください。

3つ全部は無理でも1つだけでも守ると随分変わってくると思います。



1.温めておく

紅茶のおいしさが茶葉から抽出されるためには100℃に近い温度がポイント。 そのためにはマグカップやティーポットを事前に温めておくことが大切です。
一説には熱湯を冷えた容器に注ぐとそれだけで10℃冷めるとも言われています。事前に温めておくことで、お湯が冷めるのを防ぎたいところです。





※熱々のお湯でマグカップを温めておきましょう。水をレンジでチンしてもOK(突沸注意)※



 

2.熱いお湯を使う

電気ポットで保温中のお湯は結構冷めてしまっていますから、時間があれば沸かし立てのお湯を使ってください。
また、お湯の中の空気が多い方が紅茶がおいしくなるとも言われていますから、保温のお湯ではなく水道からの汲みたてがオススメです。


※【沸き立て】を使うと随分変わります。できれば汲みたてで※



 


3.待つ

ティーバッグや茶葉の形状にもよりますが、お湯につけて短いと1分、だいたい2〜3分ぐらい待つと、しっかりした紅茶ができあがります。
気をつけたいのは、その間、『(小皿や何か板状のもので)フタをしておくこと』と『揺すらないこと』。フタをすることで香りがお茶に溶け込みます。逆に揺すると茶葉の細かなクズから「えぐみ」がお湯の中に溶け出してしまいます。なので、待ってる間はフタをしてじっとガマンです。 (引き上げるときに絞るのもえぐみの原因になります)
あと待っている間は、コースターを敷いて熱が底から逃げるのを防ぐと、もっと香り高い紅茶がいれられます。

※ティーバッグはゆすらず絞らず。ジッと2分はガマンの子※



最初にも書きましたが、せっかく「手軽にティーバッグで」と思っているのに、あれもこれも守らなきゃと思うのは大変です。 このポイントの中から負担なく守れそうなことを1つずつ試してみて下さい。 気軽な気持ちで手軽に飲むのが、紅茶を一番おいしく飲む方法ですしね。

犬猫紅茶店では手軽に楽しめて、個性がはっきりと伝わるオリジナルブレンド紅茶「犬」や「猫」のティーバッグを販売しています。
ぜひこの機会にお試しください。

犬猫紅茶店のティーバッグ
http://dogcat-teahouse.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2090058&csid=0